Mme. LUZ's Diary 

「香り」にまつわるあれこれを綴ります。 すべての記事は「香り」に通ず…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年最初の香り

あけましておめでとうございます。
本年も細々と更新していきますので、どうぞよろしくお願いします。

お正月早々、がっかりしたことが…。 
近所に初詣に行った際、境内で献血の呼びかけをしていたので、年の初めにいいことしておこう☆と思い、約10年振りで献血車に。 一時、イギリスに1980年から1996年の間に1日でも滞在したヒトは献血ができないという規制があって、ずっと献血できなかったマダム。 でも、1年くらい前から規制が緩和されてたようです。 ひとしきり問診など行い、散々水分やらドーナツやら摂らされた後、血液検査の結果「今日は献血できません」と言われてしまいました。。。比重が足りないとのこと。なんだかとってもがっかり。。。でした。。。

leau Bleue dIsseyさて、本年最初の香りは、Issey Miyake の「L'Eau Bleue d'Issey EAU FRAICHE」。
2006年発売のこの香りが、なぜ本年最初の香りなのかというと、たまたま元旦にこの香りを嗅ぐ機会があったからです。
それまで知らなかったのだけど、義弟がフレグランス愛用者で、これまでいろいろなフレグランスを使ってきた中たどりついたお気に入りの香りが「L'Eau Bleue d'Issey EAU FRAICHE」なのだとか。 常にボトルで持ち歩いているということで、香りをみせてもらいました。 
その香りは、公式サイトによると「爽やかで穏やかな輝きをイメージしたオードトワレ。ウッディの余韻がある、気取らない香り。 ミントとローズマリーの出会い」と表現されておりました。 description は、

【Top】Bergamot, Rosemary, Mint
【Middle】May Rose, Mate, Pink Pepper
【Base】White Patchouli, Musks


残念ながら義弟家族には大不評だそうで、子供たちは「クサイから、お願いだからやめてほしいっっ!!」と訴えておりました。 

マダム評: ローズマリーのアロマティック感じとパチュリのコンビネーション、それとスパイシーさがフレグランス初心者の姪や甥には難しいのかなぁ… 2004年発売の「L'Eau Bleue d'Issey」のライトバージョンとはいうものの、日本人にとっては充分マッチョに感じられる香り

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://luz001.blog119.fc2.com/tb.php/173-48a04491

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

LUZルズ講座スケジュール

プロフィール

マダムルズ

Author:マダムルズ
温泉とビールとフレグランスをこよなく愛するマダム

リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。