Mme. LUZ's Diary 

「香り」にまつわるあれこれを綴ります。 すべての記事は「香り」に通ず…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コーヒーの香り

10月です。 すっかり秋です。 そして毎年のことですが、どこからともなくキンモクセイの香りが漂ってくる季節となりました。 

春、桜が咲くと「あ、ここにも桜の木があったんだ!」と気付かされるように、秋は「あ、ここにもキンモクセイの木があったんだ!」とあちらこちらで気付かされます。 

この時期のキンモクセイ関連の話題は以前も書いています(2007年2010年)ので、本日は先月の「やきいも」の話のつづきではありませんが、コーヒーの話を。 ちなみに、今日は10月4日ですが、10月1日はコーヒーの日であり、香水の日であり、10月1日の花はキンモクセイです(花については諸説ありますが…)。


コーヒー 「やきいものにおい?」で、マダムの住む町にはコーヒー豆を焙煎して売ってくれる店が多いいことをお話ししましたが、そのなかにいつも行くお店があります。
 
我が家のコーヒー番長はダーリンちゃんですので、彼が選んで買ってきます。 
今回購入してきたのは、その名も「GEISHYA」。

「ゲイシャ」と聞くと、つい艶やかな着物の「芸者」を思い浮かべてしまいますが、れっきとしたコーヒー豆の品種名。 エチオピア起源の原種と言われているそうです。 以下、この豆について書かれてリーフレットからの抜粋。

コーヒー




『このゲイシャ種は粒が大きく、細長い外観をしており、カップは非常に秀逸なフローラルなアロマと柑橘類を思わすフレーバー、驚くほどすっきりした甘みを伴った酸味が特徴的です。 しかし、ゲイシャ種は栽培が難しく、あまりに生産性が低いために長い間全く注目されることもなく、ほとんどが姿を消し、現在では非常に貴重な品種となっています。』

「秀逸なフローラルなアロマと柑橘類を思わすフレーバー、驚くほどすっきりした甘みを伴った酸味が特徴的」ということで、ダーリンちゃんの入れた一杯を心して味わってみました。

「すっきりした甘みを伴った酸味」はなんとなく分かりました。 もちろん美味しくしっかりとした味で、なんとなく「いい豆かも」とも感じましたが、残念ながら「秀逸なフローラルなアロマと柑橘類を思わすフレーバー」な分かりませんでした… 

エバリュエーターといえども、フレーバーの評価はフレグランスとは全く異なり、とても難しいんです。(言い訳をするようですが…)

以前勤めていた香料メーカーでは、オーラルケア用の香料はフレグランス部門で扱われていたので、マウスウォッシュや歯磨きの評価をする機会がありました。
まずはどんなものが市販されているのか、代表的なものを買ってきて評価するのですが、口に入れるものなので評価用語自体がフレグランスとは違います。「甘み」「塩味」「酸味」以外にも、「インパクト」とか「広がり」とか「華やかさ」等々・・・

フレグランスは鼻の穴から鼻腔に吸い込んだ香りを評価するのに対し、フレーバーは口から鼻腔に立ち上ってくる香りも評価するわけで、食べ物自体は「美味しい」「美味しくない」と即座にジャッジできますが、その香りやテクスチャなどを具体的に言葉や数字で表現しようとすると、いきなりハードルが上がり、それなりの訓練が必要であることを思い知らされます。

フレグランスはフレグランスで奥深いけど、フレーバーもとっても難しく奥深いものです。。。

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://luz001.blog119.fc2.com/tb.php/214-d42741b2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

LUZルズ講座スケジュール

プロフィール

マダムルズ

Author:マダムルズ
温泉とビールとフレグランスをこよなく愛するマダム

リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。