Mme. LUZ's Diary 

「香り」にまつわるあれこれを綴ります。 すべての記事は「香り」に通ず…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメニティ

先月今月と立て続けに2回も、平日夜に池袋で食事をする機会がありました。 大人だけならどうということはないのですが、娘(4歳)がいると、夜の遠出は大変です。 例えば、9時にお店を出たとしても、家に着くのは10時過ぎ。 そうすると娘が寝る時間は10時半過ぎ。 こういう生活リズムの乱れは、子どもにとって非常によろしくない。 というわけで、23区内在住にもかかわらず、2回とも池袋のメトロポリタンホテルに泊まったのでした。

Photo_2 さて、これが池袋メトロポリタンのアメニティです。
シャンプー、コンディショナー、ボディシャンプー、ボディクリーム、香りが統一されているのは当然ですが、「Cool Water」タイプの香りでした。 ちょっとびっくり。 なぜ、「Cool Water」なんだろ…? 確かに、「Cool Water」は安定した人気のあるフレグランスですが、男性のみならず女性も使うアメニティにあえてメンズの香りを選択するとは! それとも池袋メトロポリタンの宿泊客は、圧倒的に男性の割合が多いのかしら…。 娘は「いいにおい☆」と喜んでいたので、実は女性にも「Cool Water 愛用者」が多いのだろうか…。 いろいろ考えちゃいました。

「Cool Water」は1988年にDavidoffから発売されたメンズフレグランス。 香調はフゼアフレッシュで、コリアンダーが効いていて非常にアロマティックな印象です。 Description(www.osmoz.comより抜粋)は、

【Top】Marine Note, Mint, Green Note, Coriander
【Middle】Neroli, Geranium
【Base】Cedarwood, Oakmoss, Musk

公式descriptionをチェックしようと、Davidoffのページに行ってみましたが、残念ながらありませんでした。
でも、ずいぶんと凝ったサイトだったので、URLをご紹介 → 
http://www.zinodavidoff.com/fragrances/index.php

ハミングフレア

週末はお花見日和でしたね! みなさんお花見はしましたか? マダムは自転車でご近所のお花見スポットめぐりをしましたが、多摩川台公園の賑わいには正直びっくり。 あんなにフィーバーしている多摩川台公園を見るのは初めてでした。

さて、近所のドラッグストアにお買い物に行くと、とっても目を引き付けられるディスプレイがありました。 色合いや雰囲気は、ジョンソンの「Glade」のような感じ。 シャンプーにしてはボトルが大きすぎるし、入浴剤という感じでもないし…と、よーく見てみると、花王の「ハミングフレア フレグランスコレクション」という製品。 おぉ、日本の柔軟剤もついにここまできたか…! 

香りは「Passion」と「Siesta」の2タイプあり、サンプルが置いてあったので早速チェック。 「アロマキャンドルを灯したように…」というコピーのとおり、どちらも本当にキャンドルにありそうな香りでした。 こういう香りが柔軟剤に使われる時代が来たんだなぁ。。。

どんな香りかというと、

「Passion」心華やぐドラマティックブーケの香り
     ローズ、ジャスミン、バイオレットなど、優雅で華やかな花の香りを中心にして、ラズベリーや
           カシスがさわやかに香りたちます。 サンダルウッドが魅惑的な深みを演出。

「Siesta」心安らぐ、ヨーロピアンソープの香り
     ホワイトローズ、くちなしなど、白い花々の気品のある優しい香りを中心にして、シトラスや
           ラベンダー
の清潔感をプラス。 バニラの甘い香りが心地よさを誘います。

                                                    (以上、製品リーフレットより抜粋)

洗剤や柔軟剤などランドリーケア商品はここ数年、香りを訴求した製品が登場したり、香りのバリエーションが増えたり、香りのトレンドに大きなムーブメントが感じられました。 今後どうなっていくか楽しみです。

【洗剤・おしゃれ着洗い】

エマール   リフレッシュグリーンの香り
               ハッピーフローラルの香り

香りつづくトップ フレッシュなカモミールの香り

アクロン      フローラルブーケ
                  デオドラントグリーン

【柔軟仕上げ剤】

フローラルハミング 濃縮タイプ  オリエンタルローズ
                                           南国リゾート

ハミングフレア   リフレッシュハーブの香り
              リラックスハーブの香り
             毎日ふんわりエッセンス
             ふわっと花咲くエッセンス
             ふわっと輝くエッセンス

香りとデオドラントのソフラン  フローラルアロマの香り
                                        ブルーローズアロマの香り
                                        シトラスアロマの香り
                                        アロマソープの香り

レノア     フレッシュグリーン
              リラックス アロマ
             ベビーソープの香り

レノアハピネス  おひさまの香り
                         森林浴の香り

白Tsubaki

発売から約1年経つ、資生堂のシャンプー「白Tsubaki」。 最近になってやっと使ってみたのですが、香りは思いがけずクラシカルな香水を連想させる香りでした。 具体的に表現するなら、「L'Air du Temps」を彷彿とさせるような香りでした。

白Tsubakiの公式ページの香りの説明のよると、椿・竹・苔・柳・睡蓮・沈丁花を特徴とし、『浄化された空気のような緑の香りに凛と清楚な花々の香りをブレンドしました。』とのことです。

一方、今から60年前、1948年にNina Ricciから発売された名香「L'Air du Temps」の香りは

【Top】Carnation
【Middle】Rose, Jasmin, Orris
【Base】Cedarwood, Sandalwood, Musk

カーネーションの香りはスパイシーフローラルで、その核となっているのはEugenolの香りです。 Eugenolの香りってどんなのかというと、Clove(クローブ)すなわち丁子の香りです。 お花屋さんで売られている観賞用のカーネーションからCloveのような香りはしてきませんが、香る品種のものは強い芳香を持っているらしいです。 まだ嗅いだことがないので一度生花からその香りを嗅いでみたい… もし、カーネーションの強い芳香を生花から嗅いだことがある方がいらっしゃいましたら、本当にCloveの香りだったかどうかお聞かせくださいませ。

ピンクのエッセンシャル

またシャンプーを替えました。 エッセンシャルダメージケアといえばオレンジ色というイメージだったのですが、売り場をよーく見てみるとピンクのもあったんですね! いったいいつから市場に投入されていたのか調べてみると、さかのぼる事約2年前、2006年8月25日のようです。 そんなに前からあったんだ… 棚に並んでいても、ピンク色というだけでエッセンシャルじゃない別の商品だと思い込んでいたのかも。 調子に乗ってさらにエッセンシャルについて調べてみました。 Wikipediaによると、エッセンシャルの前身は「カオーフェザーデラックス」というもので、これが花王最初の液体シャンプーなのだそうです。  てっきり「メリット」あたりが花王さん最初の液体シャンプーかと思っておりました。。。

このwikiを読むうちに思い出したのですが、そういえば昔(1970年代あたり?)は液体自体が緑色のシャンプーが多かったなぁと。。。かつてはエッセンシャルにもグリーンがあったなんて、すっかり忘れてました。 余談ですがピンクレディーが宣伝していた「シャワラン」(牛乳石鹸共進社のシャンプー)にもグリーンのがあったような気が。。。

話は戻って、2006年8月に花王さんが「エッセンシャルダメージケア」発売30周年を記念しての大幅リニューアルに伴い投入されたエッセンシャルニュアンスエアリー(ピンクのエッセンシャル)の香りはといいますと…

まずラズベリーを主体としたベリー系の香りがトップに来ます。 もう少し注意深くみてみると、ミドルにローズが感じられます。 エッセンシャルのイメージから、すこし幼い感じの香りをイメージしていたのですが、ラズベリーとローズが調和した、とても素敵な香りでした。

おひさまの香り

今年は雨の日が多く、梅雨入りもいつもよりもとっても早かったですね。 「おひさま」が恋しい日が続くのですね。。。そのせいかどうかは分かりませんが、娘もこのところやたらと「おひさまの絵」ばかり描いております。

P&Gの「レノア」のシリーズに「おひさまの香り」があるということを、つい先日知りました。 調べてみたら今年の春(2月下旬)から発売されていたようです。 普段、柔軟剤は乾燥機に入れるシートタイプのものを使用しているマダム。 ドラッグストアでも液体柔軟剤のコーナーは視界に入っておらず、全くその存在に気づいておりませんでした。。

「おひさまの香り」といったとき、どんな香りを思い浮かべますか? マダムは2つあって、ひとつは天日干ししたお布団のにおい、もうひとつは、炎天下で遊びまわっている子供の頭のにおいです。 天日干ししたお布団のにおいは、何と表現したらいいのかしら。 でも皆さん解りますよね?! その香りは、「そこから香ってくるからいいにおい」なのであって、例えば、その香りを忠実に再現した香料があったとして、単体で香りを嗅いでもちっともいいにおいとは思えないかもしれません。 子供の頭のにおいは、例えば(たぶん)「Decenal」とかのアルデヒド系で、個人的にはちょっと電線が焦げたようなイメージのにおいです。 

で、「レノア」の「おひさまの香り」ってどんな香りかしらと興味津々でテスターで試してみたところ、OrangeやMandarinのような甘みのあるシトラストップで、清潔感のあるやさしい香りでした。 なるほど、こういう表現方法があるのか。 勉強になりました。 

追記:「おひさまの香り」の乾燥機用のシートタイプは発売されないかしら… P&Gさん、ご検討の程よろしくお願いいたします。

«  | HOME |  »

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

LUZルズ講座スケジュール

プロフィール

マダムルズ

Author:マダムルズ
温泉とビールとフレグランスをこよなく愛するマダム

リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。